ペット火葬を依頼する際にやっておくべきこと

飼っていた愛犬が亡くなったらすること~ペット火葬に備える~

ペット火葬

家族の一員であったペットが亡くなってしまったらすごく悲しい思いをします。人によっては深い絶望感に頭を悩ませる人もいるでしょう。しかし、悲しむ前に大切なペットの遺体をキレイな状態で保存し、ちゃんと火葬できるようにするのも飼い主の役目といえるでしょう。業者にお願いしてペット火葬などを行なう場合は、費用や時間、プランについてもしっかりと検討しましょう。メモリアルグッズ作成などの有無も調べておくと良いです。

最初に準備するもの

  • ペットの体が入るダンボールなどの入れ物
  • 大きめのビニール
  • 新聞紙をできるだけ多く用意する
  • 使い捨てにできるバスタオル
  • ドライアイスや保冷剤、氷

ペットの安置方法

遺体を収める

ペットが亡くなった後はすぐに、ペットの体を収めるためのダンボールを用意しましょう。ペットの遺体を置く場所に新聞紙やタオル、ビニールシートを敷くと良いです。また体を冷やすためにドライアイスや法令剤などを用意しておきましょう。

身体を整える

濡れタオルを使い、体を丁寧に拭いて毛並みなどを整えておきましょう。また死後硬直に備えて、手足を胸の方に折り曲げてあげましょう。死後硬直は、死後2時間~3時間までにくるので忘れないように対処すると良いです。

腐敗を防ぐ

遺体を火葬する前に、腐敗が進んでしまうのは少し問題があります。ペットを最後までキレイな状態であの世に送って上げるためにも、腐敗を防ぐ必要があります。腐敗を防ぐためには、ドライアイスや氷をペットの腹部に当てると良いです。

初めてペットを亡くしてしまった場合は、最初何から手をつければ良いか分かりません。しかしパニックにならずに、心を落ち着かせましょう。冷静になったら適切な対処もできるようになります。ペットが亡くなった後は安置が最優先なので、適切な方法で安置方法を知っておくと良いです。

初めての場合は届け出も忘れずに


死亡届の書き方を教えてください
犬の死亡届は、犬が死亡してから30日以内に死亡届をだすことが原則として決まっています。まず死亡届の用紙に、届出人を書きましょう。この届出人には飼い主名を記入します。そして次は提出先の欄に、登録をしている市区町村役場名を記入します。死亡届には他にも、ペットの生年月日や雄か雌か、また種類や登録年度、死亡した日などを記入する必要があるのです。

初めての人でも安心~信頼できるペット火葬業者選び~

初めてペット火葬をするのであれば、どこが良い業者なのか、悪い業者なのか判断に苦しむことでしょう。ここでは業者選びに失敗した人の例を紹介するので参考に見てみましょう

ペット火葬業者選びに失敗した人

すぐに対応してくれると聞いたのに…(30代/女性)

電話で大型犬の火葬をしてくれるかどうかを聞いたら、弊社ならすぐに燃やせるといっていました。しかし火葬場所の詳しい場所を教えてはくれず、いざ行ってみるとかなり距離があったので最悪でした。あの業者はきっと良くない業者だと思います。

何がダメなのかを説明してほしかった(40代/女性)

ペット火葬をする際に、一緒に火葬したいものがあったので火葬炉に入れました。しかし入れたものが勝手に抜かれていて、モヤモヤした気持ちになったのです。一緒に火葬してはいけないものなどに関しての説明が一つもなかったので、できれば説明はして欲しかったです。

どの業者にも共通していたのが説明不足という点だといえます。顧客の疑問点を無くすように努力し、十分な説明をしてくれるような業者を選ぶようにすると、満足のいく火葬をすることができます。

初めての人はここをチェックしよう

初めてペット火葬業者をする人は、まずペット火葬をする前に良い業者を探しておきましょう。業者を選ぶ際に、チェックすべきポイントはいくつかあります。まず電話での受け答え電話対応が丁寧かどうかを確認しましょう。他にも料金設定が分かりやすいかどうかや、アフターフォローを提供しているかなども確認するとよいです。また、利用する場合は、当日の流れもしっかりと確認しておきましょう。

TOPボタン