ペット火葬をする時に知っておきたいこと~合同火葬に関して~

初めて利用するなら知っておきたい~火葬別の流れ~

仏壇

初めてペット火葬を行なうのであれば、合同火葬と個別火葬には一体どのような違いがあるのかということを知りましょう。違いを知ることで、自分がどのような火葬をしたいのか明確にすることができます。ここでは個別火葬に関して紹介していきます。

個別火葬の流れ

火葬

立会いでペット火葬をするのであれば、ペットを最後の最後まで見送ることができます。ペットが好きだったおやつや、思い出の品と一緒にペットを弔ってあげましょう。

拾骨

ペット火葬後に残った骨を拾います。骨は衝撃的な物に見えますが、ショックを受けないようにしましょう。ペットの生きていた証でもあるので心を込めて拾い上げてください。

返骨

拾い上げた骨を骨壷に納めます。その後に覆袋に包み返骨してもらえるでしょう。返骨してもらった骨はペットの形見として保存しておく以外にも、メモリアルグッズに使うこともできます。

火葬場でペット火葬を個別で行なった場合、ペットに最後の最後まで寄り添ってあげることができます。最後の別れは非常に辛いものではありますが、気持ちに区切りを付けるためにも個別火葬で行われる一連の流れに従いちゃんと行なうようにしましょう。

合同火葬の場合

プラン内容の確認

生前、友達と沢山遊ぶことが好きだったのであれば、合同供養を選ぶと良いでしょう。合同供養を行なう上で分からない点があればスタッフに確認をとってみましょう。

お迎え~火葬

スタッフがペットの遺体を迎えに行きます。また自分でペットを火葬場に連れて行くこともできるので、どちらにするか選ぶことができます。火葬場に連れて行った後は、他のペットと合同火葬をすることができます。

合同供養

合同火葬の場合は自身で収骨することができないので、スタッフが代わりに収骨してくれます。収骨後は、合同供養を行ないます。

ペットが亡くなった後は、ペット火葬業者に遺体を迎えにきてもらうことができます。また自分で連れて行くことも可能です。自分が納得行く方を選択できるので、好きな方法でペット火葬場まで遺体を運びましょう。合同供養では、自分のペットの他にも多くのペットの遺体があります。合同供養される方が、一匹で供養されるよりも寂しくないといえるでしょう。

TOPボタン